[Top Page] [これからの演奏会] [これまでの演奏会] [メール] [What's New] [戻る]

「音楽の散歩道」は、
ドイツ、ハンブルク在住のオルガン製作者、クラウス・セバスティアン氏により
製作された、持ち運び可能な小さなパイプオルガンと共に、独奏、アンサンブルの
コンサートを企画しています。
シンプルな空気のなかで、風の音で創られるオルガンの自然な響きと、私達の創り出す
音楽を、多くの方々に聴いていただきたいと思っています。
                                             高田富美

演奏会案内


風の音楽
リコーダーとオルガンによる調べ

日時
2016年10月21日(金) 18時30分

場所
日本聖公会奈良基督教会礼拝堂

演奏者
リコーダー 中村洋彦
オルガン 高田富美

プログラム
Jacob van Eyck (1589/90-1657)
J.ファン・エイク
  〜Der Fluyten Lust-Hof
「笛の楽園」より
     Preludium of Voorspel
   プレリュード
   Onse Vader in Hemelryck
   天にまします我らの父よ
Georg Friedrich Handel (1685-1759)
G.F.ヘンデル 
  Sonate F-dur  Op.T, Nr.11
ソナタ ヘ長調
Georg Philipp Telemann (1681-1767)
G.Ph.テレマン
  Fantasia V d-moll TWV 40:4
ファンタジア 第3番 ニ短調
  Sonata Methodische Nr.4 F-dur TWV 41:D3
メトーディッシュソナタ 第4番 ヘ長調
Dietrich Buxtehude (1637-1707)
D.ブクステフーデ
  Toccata und Fuge in F BuxWV 157
トッカータとフーガ ヘ長調
Johann Sebastian Bach (1685-1750)
J.S.バッハ
  Toccata und Fuga in d ( Dorian ) BWV 538
トッカータとフーガ ニ短調 「ドリア調 」
Felix Mendelssohn Bartholdy (1809-1847)
Felix.メンデルスゾーン
  Sonata VI d-moll
ソナタ 第6番 ニ短調

風で鳴るリコーダーとオルガンの自然な響きで
バロック時代の巨匠、ヘンデル、テレマン、バッハの作品を、
オルガン独奏でバッハ、そして彼を19世紀に復興させた
メンデルスゾーンの作品を演奏します。
会場となる奈良基督教会は、
2015年7月に国の重要文化財に指定され、
設置されているパイプオルガンはドイツのボッシュ社製で
二段の手鍵盤と足鍵盤を持っています。

詳細は、演奏会のページ をご覧ください

 



その他の演奏会



●これまでの演奏会のページへ 


連絡いただきましたら、毎回の演奏会の案内を送らせていただきます

◆問い合わせは: 
    メールボックスへ


Update:2016/08/18

[Top Page] [これからの演奏会] [これまでの演奏会] [メール] [What's New] [戻る]