A14-2 芳野懐古(藤井 竹外)

	[読み下し文]
	
古陵の 松柏 てんぴょうに ほゆ

山寺 春を 尋ぬれば 春 寂寥

眉雪の 老僧 ときに 掃くことを やめ

落花 深き ところ 南朝を 説く
[吟符及び音階] こりょうの しょうはく てんぴょうに ほゆ 2'3'三番 2'3'五番 37二十五番 3'3十番 さんじ はるを たずぬれば はる せきりょう 21五の二番 3'3 23'3八番 65十九番 23一番 びせつの ろうそう ときに はくことを やめ 2'3'十八番 53'3五番 23 76二十五番 23十番 らっか ふかき ところ なんちょうを とく 21五の二番 23 23六番 37二十五番 53'3一番 [解説及び作者紹介] 上記吟法は、関西吟詩文化協会指定の音階及び譜名に もとづき、池田先生が菖黎風工夫を加えたものです。 しかし、転載や誤字・誤植はすべて私の責に帰します。