A19-3 泉岳寺(阪井 虎山)


	[読み下し文]
	
山嶽 崩る可く 海 飜る可し

消せず 四十七人の 魂

墳前 満地 草苔 濕う

盡く 是 行人 流洟の 痕
[吟符及び音階] さんがく くずる べく うみ ひるがえる べし 2'3' 353 3'3五番 3'3 3776二十五番 3'3十番 しょうせず しじゅう しちにんの たましい 乙1五の二番 23七の二番 3'53'3二十一番 3'3一番 ふんぜん まんち そうたい うるおう 3'567653'三十六番 53'3五番 376二十五番 23十番 ことごとく これ こうじん りゅうていの あと 乙21 21五の二番 23十四番 376二十五番 3'3一番 上記吟法は、関西吟詩文化協会指定の音階及び譜名に もとづき、池田先生が菖黎風工夫を加えたものです。 しかし、転載や誤字・誤植はすべて私の責に帰します。